名勝負製造機KUSHIDAがメキシコ遠征でまた評価を上げている件

新日本プロレスワールドでも配信されたメキシコCMLLのアレナメヒコ金曜定期戦で、ボラドール・ジュニア選手とKUSHIDA選手のNWA世界ヒストリック ウェルター級選手権が行われた。これがまた面白く、KUSHIDA選手はまた世界で評価を上げている。

スポンサーリンク

CMLLは基本3本勝負。セコンドは風神。

一本目はKUSHIDA選手。コーナーから飛んだボラドール選手に下からカウンターの腕ひしぎ逆十字を決めギブアップ。

二本目はボラドール選手。スーパー・バックラッカーで跳ねたKUSHIDA選手がリングでもう一度跳ねた。

最後の三本目はボラドール選手。ボラドール・スパイラル(リバース・フランケンシュタイナー)で2-1となり、ボラドール選手の防衛。

メヒコでハポネスはルードなので、KUSHIDA選手は悪い顔してました。顔だけでなく、要所で普段見せない姿を見せた。

 

KUSHIDAさん(@kushida_ts)が投稿した写真

試合後にボラドール選手とKUSHIDA選手に飛んだおひねりは、この試合がどれだけアレナ・メヒコの観客に響いたかを示している。

 

「KUSHIDAの巡業ノート94H」もしっかり稼働しています🎥 #NEWJAPANWORLD #風神 #雷神

KUSHIDAさん(@kushida_ts)が投稿した写真 –

タイム・スプリッターファンがメキシコにも生まれた。

きっと今後ROHだけでなく、CMLLにも参戦する機会が増えそう。

嬉しい半面、新日本プロレスのシリーズに出れないことが増えるのは悲しい。

次はIWGP Jr.のベルトを賭けて、日本でまたこの名勝負が見られそう。

海外でのヒール成分多めのKUSHIDA選手もまたいつか見てみたい。

KUSHIDA選手にとっても、見ているファンにとっても、色んな可能性が広がったメキシコ遠征になったんじゃないかなと思う。

帰国したらすぐにG1とJ-CUPが待っている。

特にJ-CUPは他団体の選手との戦いになるので、今回のメキシコ遠征で見せたヒールの側面がまたすぐに見られるかもしれない。

 

Feliz cumpleanos👏

KUSHIDAさん(@kushida_ts)が投稿した写真 –

クッシーカメラでは彼らの姿をまた見れるようで、それも楽しみ。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)