G1出場を逃した高橋裕二郎に期待する4つのコト

残念ながらG1 CLIMAX 26にエントリーされなかった高橋裕二郎選手ですが、今後はどう動いていくのでしょうか。近況と今後に期待している4つのコトについてまとめてみた。

スポンサーリンク

BULLET CLUB唯一の日本人

裕二郎選手はBULLET CLUB唯一の日本人として、違和感がだいぶなくなってきた。

スーパージュニア期間中に良いチームワークを見せたチェース・オーウェンズ選手や、今後コンビを組んでいくであろうハングマン・ペイジ選手と交流している様子。

まだ来日して日が浅い選手をきっちりテイクケアしている辺り、バレットクラブでも重要な役割を果たしている。

THE ELITE(3:05)の動画出演。ちゃんと英語で喋ってる。

天山選手と同様に、どうして初出場が6人いて裕二郎選手が選ばれていないのか

発表していないケガなのか、会社の都合なのかわかりません。この屈辱をバネにして、トップに浮上するために期待する4つのコトをまとめてみた。

今後期待する4つのコト

  1. G1出場者決定戦の提言
  2. BULLET CLUBの日本語マイク
  3. ロス・インゴとの抗争
  4. MAOさん復活

G1のメンバーに関してはプロレスファン全員の希望を叶えることは不可能。何の前触れもなく落選では、不満も溜まる。その不満を是非をG1出場者決定戦の提言という形にしてぶつけて欲しい。

バレットクラブは、ケニーもファレも日本語を封印しています。どれだけわかりやすくても英語は英語。せっかくのマイクにも乗りきれない人はいる。日本語のマイクを解禁すれば、今まで以上に盛り上がるはず。

裕二郎選手を語る上で外せないのは内藤選手。今の内藤選手のブレイクは、裕二郎選手がイスで膝を連打して、欠場に追い込んだのが始まりと言っても過言ではない。憶えてない人はこの試合を見てください。これが煽りVで流れるような軍団抗争を期待。

明日は久しぶりに濃いメイクできるからたーのしーみだっ♡
— MAO♡3/25.2ndDVD (@YELLOWBARBIE_M)
2016年7月1日

MAOさんが気になる発言。これは新日本プロレス参戦のフラグかな?7.3岩手の楽しみが一つ増えた。

やっぱり裕二郎選手も今こそトップに食い込んできて欲しい選手です。G1にエントリーされなかったマイナスを、一気にプラスに変えるアクションを起こしてもらいたい。

4つのうち1つでも実現したら相当嬉しい。ま・ず・は・7.3岩手でキャプテン・ヨシタツ組に何を見せてくれるのか楽しみです。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)