棚橋・中邑・AJなしで挑む!新日本プロレス6.19大阪城ホール全カード決定!メイン・セミ・第7を昨年と比較

6.19 DOMINION 大阪城ホール大会の全9試合のカードが決定。そこで昨年の後ろ3試合のカードと比較しながら、今年のカードを眺めてみたいと思います。

スポンサーリンク

メインイベントに違和感なし

今年のメインイベントはIWGPヘビー級選手権試合 第64代チャンピオン 内藤哲也vsオカダ・カズチカ。ちなみに昨年のメインイベントはAJスタイルズvsオカダ・カズチカでした。

オカダさんは、昨年の大阪城でベルトを奪取してから両国で奪われるまで、立派にメインイベントを務めてあげてきました。特に11.15天龍源一郎戦、1.4棚橋弘至戦は、今までオカダさんに足りないと言われていた感情が上乗せされた素晴らしい試合でした。

対する内藤さんは昨年からの積み重ね、いやそれよりも前のブーイングもファン投票も、怪我もノーリミットも、ヤングライオン時代も浜口ジム時代も、内藤さんのこれまでのキャリアの全てがうまく噛み合っている状態です。

今年の新日本プロレスでこの二人が上半期最後のメインイベントを務めるのは違和感がないです。

スポンサーリンク

インターコンチらしいセミ

セミファイナルはIWGPインターコンチネンタル選手権試合 ラダーマッチ
 第13代チャンピオン ケニー・オメガvsマイケル・エルガン。昨年は後藤洋央紀vs中邑真輔

棚橋さんの欠場が決まり、ケニーから直接ピンフォールを奪ったエルガンの挑戦が決定。正直にいうと予定調和的な部分があったが、6.7仙台での激戦を見たら楽しみで仕方なくなってしまった。

中邑「こんなに集まってマスコミはどうしちゃったのか? チャンピオンがコメント振り待ってるぜ、オイ。ハァハァ、まぁ2タテくらって、これ以上大きなこと言うとね、ハハハ……さすがの俺もほら吹きになっちまうからな、オイ。ただ後藤、そのベルト、魔法がかかってんだ」(新日本プロレス公式サイトより)

昨年の大阪城での試合後のコメント。もうその姿はないはずなのに、まだインターコンチの魔法はとけていない。中邑さんがいたらなと思ってしまうことは多々ありますが、今年もインターコンチでしか見られない刺激を素直に楽しみたいと思います。

色合いが違いすぎる第7試合

今年の第7試合はNEVER無差別級選手権試合 第11代チャンピオン 永田裕志vs柴田勝頼。昨年は棚橋弘至vs矢野通のシングルマッチでした。どちらも違う意味でセミ・メインとは色合いが違いすぎる試合です。

昨年の大阪所で柴田さんは桜庭和志選手とのシングルで会場を沸かせました。対する永田さんは第1試合でノーコメント。現在はNEVER王者として永田さんはストロングスタイル復活を謳い、王者からリマッチを申し込んだ以上絶対に負けられない。

スポンサーリンク

穴があるからこそチャンス

こうして振り返ると2016年は変化の年だと改めて実感します。実際に昨年の大阪城とカードを比較しても棚橋さん、中邑さん、AJが不在の穴は感じてしまう。

しかし彼らの不在により、去年までおぼろげながら見えていた選手間の序列が乱れている状態です。今は誰しもがのし上がるチャンスを迎えています。

2015年は安定感の年でしたが、今年はまだまだ荒れていきそうです。最後に全試合を載せておくので、是非みなさんも心のメインイベントを決めて大阪城に望んでください。

第9試合60分1本勝負 IWGPヘビー級選手権試合
第64代チャンピオン 内藤哲也
vs 
オカダ・カズチカ
第8試合60分1本勝負 IWGPインターコンチネンタル選手権試合 ラダーマッチ
第13代チャンピオン ケニー・オメガ
vs 
マイケル・エルガン
第7試合60分1本勝負 NEVER無差別級選手権試合
第11代チャンピオン永田裕志
vs 
柴田勝頼
第6試合60分1本勝負 IWGPタッグ選手権試合
第70代チャンピオンチーム タンガ・ロア タマ・トンガ
vs
マーク・ブリスコ ジェイ・ブリスコ
第5試合60分1本勝負 IWGPジュニアヘビー級選手権試合
第73代チャンピオン KUSHIDA
vs
ウィル・オスプレイ
第4試合60分1本勝負 IWGPジュニアタッグ選手権試合 イリミネーション式4WAYマッチ
第47代チャンピオンチーム マット・サイダル リコシェ
vs
バレッタ  ロッキー・ロメロ
vs
ボビー・フィッシュ カイル・オライリー
vs
ニック・ジャクソン マット・ジャクソン
第3試合30分1本勝負 スペシャルシングルマッチ
後藤洋央紀
vs
“キング・オブ・ダークネス”EVIL
第2試合20分1本勝負
YOSHI-HASHI 石井智宏
vs
BUSHI SANADA
第1試合20分1本勝負
キャプテン・ニュージャパン ヨシタツ 真壁刀義
vs
ハングマン・ページ 高橋裕二郎 バッドラック・ファレ
第0試合20分1本勝負 ジェイ・ホワイト壮行試合
中西学 小島聡 天山広吉
vs
デビッド・フィンレー ジュース・ロビンソン ジェイ・ホワイト
15:30開始予定


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)